LOADING

R-pro、それは会社ではなく独立したプレイヤーそれぞれの集合体という印象を持つ人も多いのではないだろうか。そんな強い個人の集まりのR-proに1年前に参画したのが、北原智啓だ。北原の前職は、広告代理店の制作会社。それまでとは全く異なる規模の組織から飛び込んで来た北原には、R-proという会社がどんな風に映っているのだろうか。

クライアントと現場、どちらにも近いところで仕事をしたい

北原
学生時代から代表のナオトさんと知り合いだったこともあり、以前からR-proの存在は知っていました。ただ、大学卒業当時はR-proに入ろうという気は全くなく、東京で広告代理店のプランナーとして働いていました。R-proで働くことになった理由はいくつかあるんですが、まあ、一番大きいのは、当時ずっと付き合ってた今の奥さんが名古屋在住だったってことですよね(笑)。それもあるんですが、やっぱり「仕事のやりがい」もありましたね。

広告代理店で勤務している人と話をしていると、クライアントの大きさや案件の金額など、そのスケールにやりがいや魅力を感じて働いている印象がある。北原も、学生時代に学んだデザインのスキルを活かして、そんな広告業界に飛び込んだ。しかし、組織の中で働いているなか、徐々に自分の感じる「やりがい」に気付いたという。

北原
当時は代理店の中の制作会社という立ち位置だったので、クライアントとお客さん、どちらからも遠い存在。そう感じた時に、段々とやりがいを見いだせなくなってきました。もっとお客さんと近い距離でいたい。だから、次の仕事ではもう少しスケールの小さいところで、お客さんや現場と関わっていきたいと思っていたんです。

R-proでは、やったことが全て結果に反映される

北原の前職と比較すると、圧倒的に少数精鋭のチームであるR-pro。前職でのプランナー経験や、自身のデザインスキルを活かしながらR-proで働く北原だが、日々多くの学びを得ているという。

北原
R-proで働いていると、小さい会社だからこそのリスクヘッジの仕方だとか、前職との違いをひしひしと感じます。お客さんとの距離が近いから、信頼関係の土台があっての仕事だな、ということを感じますね。 その中でも感じるのは、仕事のコントロールのしやすさ。大きな組織にいると、決まった範囲でしか仕事が見えない。R-proでは最初から最後まで全てをディレクションをすることになるので、その点が全く違います。だからなのか、理不尽さは感じないですね。全てを見ているから、何かトラブルがあっても因果があってこうなったって思える。全て自分がやってきたことの結果が表れるので、何か起こるたびに反省と学びがあります。

また、北原はこれまで代表の岡本がそのほとんどを担ってきた規模の大きな案件のディレクションの一部を担当することも増えてきた。クライアントと現場との間を繋ぎながら、チーム全員で最大のアウトプットを出していく。R-proの関わる仕事が徐々に大きくなっている現在、R-proにとって北原はなくてはならない存在だ。「僕は多分、ナオトさんが蒔いた種を大事に大事に育てて、ついに花が咲くぞ、っていうところまでを仕立て上げる役目ですね」と、改めて自身の役割を振り返る。

北原
社内のメンバーは手を動かせるデザイナーが忙しく作業している状態なので、僕はディレクション業務を主にやっています。R-proに都度飛び込んでくる、まだフワっとした案件について、人・時間・お金に関して道筋を整えて管理をする役割。今まで明確にディレクション業務を推進していく人がいなかったので、ナオトさんからは「急にR-proが会社っぽくなった」って言われましたね(笑)。

北原の考える「これからのR-pro」とは

R-proは「名古屋のハブになる」ということを名言している。そのことを印象付けているのは、北原が担当するクラウドファンディング事業だ。円頓寺商店街のゲストハウス「なごのや別館」のプロジェクトでは、CAMPFIRE×LOCALでは初の1,000万円を越える寄付を集めることに成功。また、伏見の老舗かき氷屋さん「澤田商店」のリノベーションプロジェクトは、2018年12月に開催された全国のFAAVOのエリアオーナーが集まるサミットにてシルバー賞を受賞するなど、R-proは全国のクラウドファンディング事業者の中でも注目を浴びている。北原は、R-proの持つこの役割をもっと強化したいと話す。

北原
「名古屋のハブになる」こと、これを社長だけでなく社員一人一人ができている状態になっているべきだと思う。防災やクラウドファンディングなど、それぞれ強みを持っているメンバーがいるので、将来的にはそれぞれの事業で「名古屋のハブ」になったメンバーが旗を立てて事業を会社化して。その上で、「コミュニティとしてのR-pro」が出来上がる、なんていうのも面白いかもしれない、って最近は思います。

北原がこのように感じるのは、ある理由からだ。

北原
今のメンバー5人がR-proではあるんだけど、やっぱり、誰か一人でも欠けてしまったら歯車が回らなくなる。だから、R-proがあり続けるために、もっと色んなことを仕組み化していく必要があると思っています。それは、もしかしたら「R-proをもっと会社っぽくする」ということかもしれません。ただ、それは単純に属人的な業務を無くすとか、そういうことではなくて、「みんなで一緒にR-proの将来をもっと考えて、きちんと形に落とし込んでいって、それがR-proになる」、そんなようなことができるのが理想的です。

僕の役割って、「ちゃんとお金になる事業を作り出す」ことでもあるのかな、と思っています。みんな、それぞれが考える社会問題を解決するためにがむしゃらになるのは得意なので(笑)だったら僕は、みんなが活躍できる大きな船を用意して、それを船頭できるような存在にになれたらいいのかな、と。そんな、R-proで働きやすいように環境を整えるという役割を必要かなと思っています。
正直、僕は何をやってても楽しいんですよ。デザインも、コーディングも、企画も。だから主軸を絞りきれていない。でも、デザインに関していえば社内にも尊敬できるデザイナーが居るし、僕はデザインについて分かるディレクター、もしくはプロデユーサーとして成長していきたいと思っています。そして、ナオトさんにはさらに大きな旗を立てていってほしいです。

「会社っぽいR-pro」。それは、R-proで働く北原にとっての最大の問いかもしれない。その問いに向き合うために、北原はこれからも日々挑戦し、反省し、学びを得るのだろう。